ペット・パルAJの紹介

2021年11月15日

2021年11月14日

ハミルトン – 今週の「Pet Pals」では、ハミルトンにあるAnimal Adoption FoundationのAJさんをご紹介します。

AJとは頭文字をとったものです。AJはアクション・ジャクソンの略だと、アニマル・アダプション・ファウンデーションのマーク・マーフィーさんは言います。

AJはアイリッシュ・ウルフハウンドのミックス犬です。マーフィーさんによると、何と混ざっているかはわからないが、アイリッシュ・ウルフハウンドが入っていることは確かだそうです。

彼は1歳半で、5月から財団に来ています。

「彼はとても優しい子ですが、少し犬に反応してしまうところがあります。この子はとてもかわいいですが、少し犬に反応してしまうので、家の中では唯一の犬にする必要があります」とマーフィーさんは言います。

AJは人が大好きで、マーフィーさんによると、彼らの知る限りでは、猫と一緒でも大丈夫だそうです。

マーフィー氏によると、AJは子供との相性は抜群ですが、彼の大きさとエネルギーレベルから、親は気をつける必要があるとのことです。誤って幼児を倒してしまうかもしれません。

また、AJがどれだけ賢いかということも、養子縁組を考えている人には知っておいてもらいたいことですが、彼は自分のためには賢すぎるかもしれません。

「AJはチェーンリンクフェンスを登って外に出る方法を知っていて、それが元々外に出て迷子になった理由かもしれません」とマーフィーは言います。

マーフィーさんによると、AJは犬舎のドアの鍵を外すことができるので、財団のスタッフがループ状の金属製の鍵を取り付けて、AJが逃げないようにしているそうです。

そういった癖はあるものの、マーフィーさんによると、AJはとても優しい子だそうです。

「彼は賢くて、守ってくれて、そして優しいんです」とマーフィーは言います。

というわけで、AJを永遠の家の一員にしたい方は、www.aafpets.org、オンラインの申請書を提出してください。

AJについてもっと知りたい方は、財団の電話番号1-513-737-PETSまでご連絡ください。

appId : '1374721116083644’,

xfbml : true, version : 'v2.9’ }); }; (function(d, s, id){ var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) {return;} js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “https://connect.facebook.net/en_US/sdk.js"; js.async = true; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script’, 'facebook-jssdkcallMethod?