株式先物取引とは?

2021年11月12日

株式先物とは、文字通り、特定の銘柄を決められた期日に決められた価格で売買する契約のことです。価格と販売を保証することで買い手と売り手の両方に安定性をもたらし、市場の方向性を正しく推測することで利益を得ることができます。

株式先物の仕組みは?

例を挙げて説明しましょう。株式先物を購入するということは、合意した株式の価格と、その株式を購入する日を確定するということです。

例えば、Tesla(NASDAQ: TSLA) の株式先物を購入するとします。あなたは、Teslaの株式を100株購入したいと考え、価格は1株あたり1,000ドルと決めました。また、これらの株式をちょうど3ヶ月後に購入したいと考えています。この価格と日付の両方を固定するために、Teslaの先物契約を結ぶことができます。

先物契約を結んだときの価格は100,000ドルです。しかし、3ヵ月後にテスラの株価が1050ドルまで上昇した場合、あなたはこの契約で5,000ドルの利益を得たことになります。これはいろいろな使い方ができます。

なぜ人々は株式先物を購入するのでしょうか?

株式先物を購入する主な理由の一つは、市場の変動から身を守るためです。将来の価格を保証することで、投資家は不利な価格変動に対して「賭けをヘッジ」することができます。

また、市場の方向性を推測して利益を得るためにも利用されます。ある銘柄の価格が大幅に上昇すると考えられる場合、株式先物を利用して低価格を保証することができるのです。上記のテスラの例では、先物契約の所有者は、3カ月が経過する前に契約を売却して、株式で得た利益を回収することができます。

株式先物を購入する最大の魅力は、全額を前払いする必要がない場合が多いということです。株式先物は多くの場合、信用取引で販売されます。これは、通常10~20%の保証金で契約を確保できるということです。これにより、投資家は、通常、株式をそのまま購入する場合よりもはるかに大きなポジションを取ることができます。しかし、利益が大きくなる一方で、損失も大きくなるため、これは危険なことでもあります

株式先物とストックオプションの違い

株式先物と株式オプションは、よく混同される用語です。この2つには、注意すべき重要な違いがあります。どちらも、将来、決められた日に決められた価格で株式を購入することができます。しかし、株式先物は、購入した銘柄を必ず実行しなければならないという拘束力のある契約です。決められた日に、決められた価格で株を買わなければなりません。

一方、株式オプションは、合意した株式を設定された価格と日付で購入する権利を与えるが、購入する義務はない。オプションは、購入せずに契約を終了させることができます。

株式先物を購入すべきか?

株式先物の購入は非常に有益ですが、非常に高いリスクを含んでいます。信用取引では、最初の投資額以上の借金をしてしまう可能性があります。株式を直接購入する場合にはあり得ないことですが、この方法では自分が投資した分だけ損失を被ることになります。

MyWallStでは、自分が信じた銘柄を長期的に購入・保有することが大切だと考えています。先物取引は確かに面白そうですが、投資収益率を考えると、株式を購入して保有することが最も安全な方法です。

大きな可能性を秘めた銘柄への投資を始めてみませんか?市場を席巻する企業のリストをチェックして、経済的自由への道を歩んでください。今すぐ登録して、7日間の無料トライアルをご利用ください。