鈴木バイオリン教本って実際どうなの?

2022年12月6日

2022年11月19日 11:00
  Takeshi Nakagawa
はじめまして!

いつも先生のご配信、楽しく拝見させて頂いております。

先生の明るくお若くエネルギッシュなお人柄に いつも僕も元気を貰っています!

私もバイオリニストなので、やはり学んでこられたお一人おひとりが「希望、」となる様なコメントをと筆を執らせて頂きました。

私は日本で「篠崎バイオリン教本1~6巻」合わせて「新しいバイオリン教本3~7」「ホーマン」「クロイツェル」「シェラディック」「カールフレッシュスケールシステム」

そして「鈴木メソッド」で学びました。

鈴木メソッドは父の転勤で海外にてその恩恵に与りました。

鈴木メソッドの学び日々は私に取り、衝撃的でした。

それまでの伝統的なマンツーマンののどかなレッスンから、

一変し、鈴木と出会いは音楽を通した「社会」であり「人づくり」。周りの仲間たちのやる気や先生方のひた向きな情熱を感じました。

週に何回か約80規模の合奏、グループレッスン、室内楽、プライベートレッスンがあり、、生徒も保護者も世代、人種、言語を超え一緒になって絆を持ち学び合いました。

恩師は度々来日し直接、鈴木先生に学びアインシュタイン、カザルスと渡り歩いた鈴木先生の知恵、気迫、子供への愛、バイオリンへの愛を、新鮮なまま私達、生徒に「教育」として授けてくれました。

鈴木先生はバイオリニストというよりも教育学者。

当時、トヨタ、ホンダ、三菱時代、焼け野原から奇跡的に復興し 日本が圧倒時に頑張ったその時代の人でした。

欧米のそれまでの考えの特別な人がやる音楽から、

数学者にならなくても誰もが日本的な義務教育や「公文式教材」に通ずる教育法と思いました。

楽譜を見ただけで一般の人は音楽を辞める気も失せ別世界状態でしたが、そんな固定概念を取り払い、「聞く耳を持たせる」ことそして「子供のやる気スイッチ」に焦点を当て素晴らしいと思いました。

プライベートレッスンでも、絶えず約10曲以上の前の作品と新曲を見て貰いました。

歳をとり見方が変わり、音にも成長が表れ 作品との向かい合い方も深まり気づきも与えられました。

読譜もやりましたが、耳から学ぶ耳からの凄い所は、

音楽の源泉「楽譜の前に音楽やダンスがあった」「文字の前に言葉があった」のように、

わらべ歌、民謡、舞曲、母の子守唄のように優しく感性に訴えながら育つのも良かったです。

今、考えるとクラシック以外の新しい音楽家とコラボをする中、

コード譜を更に単純化したスラスラと書いたものが作曲家から渡されたり、

「耳コピ」で頼むという忙しい現場も多い中、

楽譜が無いと何もできないような 楽譜に縛られず「昔、子供の頃鈴木式でトレーニングして良かった」と感じる場面は現代多くなりました。

膨大な数の合奏やグループlesson体験で人種、言語、世代、学校、地域を超え

ホンの一時期であれ 私は海外で学び合う事が出来たことは大きかったです。

そして日本で受けた差別や妬みいじめは微塵もなく楽しかった!!

それは実は大きいことで周りの皆もどんな境遇でも音楽から精神的に整えられ成長しているからこそだと思いました。

また、バイオリン曲だけしかやっていなかったら決して出会ふえなかった作品も鈴木先生のアレンジで出会えたのも、むしろ良かったと思いました。

そして何より一番素晴らしいと思ったのは、とかく音楽家になると自分の世界に入り「人の音を聞かない」ようになってしまいがちですが、

グループレッスンでは先生は後方で支え生徒が主体となり仲間の演奏の良い所を必ず見つけ励まし、分析し、聞き合い、「どうすれば更に素敵に弾けるか」をディスカッションするのも鈴木式で受け大きかったです。

それはトヨタホンダの自動車産業やジョン万次郎、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎、三菱の岩崎兄弟、大谷米太郎各氏から脈々と繋がる、ひとつの日本の素晴らしさが

芸術・教育として世界に発揮された一つの形と感じます。

鈴木式は、小さな専門家を育成する教材ではなく、広く社会性や人づくりを考えて練られた教材、私も逆に海外に出て日本の良さに触れ誇りに思いました。

今、私は保育園や学童でバイオリンを必修科目として教えていますが、

やる気があり門を叩く生徒と違い、教えはじめは大変です。

そこで見るのは今、音楽を子供たちはお家で聞く習慣がないことです。

将来の音楽発展の為にも「聴いていただく土台作りに」も鈴木式のCDがきっかけづくりに子供たちの世界を広げてくれています。

生前、音楽祭などで親しくいて頂いたジュリアードのドロシーディレイ先生も鈴木式の「ディスカッション」レッスンに感銘を受けたと仰っていたし、

何よりあの時代、篠崎先生、鈴木先生、鷲見先生、江藤先生の足跡は本当に日本の貴重な財産で、そこから今の教育は広がり、私達はもともっと勉強しなくてはといつも思います。

海外に戻り鈴木式で指導してみたいと恩師に手紙を送り話し調べたら、

物凄い沢山の試験がある事を知り、心が熱くなりました。

ただ演奏が上手いコンクール優秀、音大卒だけでなく、

指導になるにも一挙手一投足ストップがかかり、「如何に生徒の目線に立つか」ということの大切を教えられました。

教育現場の熱さ、そして当時からの恩師の行動量は半端無いものだったとその時、感謝で一杯になりました。

長くなりましたが、これからの音楽界、そして教育、遠く先生と共により素晴らしくしていきたいです!

これからも先生のご配信を心より楽しみにしています。

2022年11月23日 04:01   いいね5件   返信0件
  asitamotenki12
楽譜の読み方のルールは1度覚えてしまえばいいだけ。鈴木バイオリン教本を使っても楽譜の読み方は教えればいいし、CDはどういう曲か知るためのものとして指導時は適速さ速さで弾かせて、徐々に速度を上げていけばいい。CDの鬼速の速さで弾く必要はないと思います。きちんとした音程、しっかりした運弓ができないのに速度を求めるのは違うとなと思いました。また、曲ごとに指番号を記入し覚える時間はもったいない。楽譜の記述は世界共通言語です。楽譜の読み方を学ぶ方がいいと思います。
2022年11月25日 16:23   いいね3件   返信0件
  めしあそ
楽譜が読めないのは、教本の問題ではなく、教え方の問題なのではないかと思います。
他の教本でも、音源を聞かせてから練習させると、同じような状況になるのではないかと思いました。
ですので、読譜力がつかないのは、スズキメソードの教え方の問題かと。そもそもスズキメソードは読譜力よりも演奏力重視。私としてはスモールステップで進んでいく、とてもよくできた教本だと思います。読譜力がつかないのは事実なので、そこを補う必要は絶対にあると思うので、この動画は、教本ではなく、スズキメソード要注意!とタイトルをつけるべきではないでしょうか。
2022年11月24日 11:57   いいね3件   返信0件
  星奈真結
自分は鈴木を3までやった後
‎音楽之友の2からやりましたね。
2、3あたりは簡単でしたので基本的に初見又は2~3回弾く用に使い、4~家で練習する用の本としてやりました。
何個かハシゴするのもいいと思います(*^^*)
2022年11月23日 09:22   いいね3件   返信0件
  xxx にゃん
鈴木10巻まで習ってました(*^^*)
当然一度聞かせてもらってから、が染み付いていたので発表会での合奏曲とかは本当に大変でした、初回が:( ;´꒳`;)
楽譜読めない問題は悲惨で五線譜から外れると「音は分かるし指の位置もだいたい分かるけど…なんの音??」状態でした…。
でもバイオリン習ったことを後悔したことはないです!
2022年11月27日 11:32   いいね2件   返信1件
1件の返信を表示
  SHIMIZU YUKI
3〜4歳からチェロを鈴木で習っていたのでかなり共感します。耳コピは無双していましたが、大学でオケに入った時にとても苦労しました。(今も苦労しています)どちらもバランスよく身につけられるといいですね。
2022年11月26日 12:15   いいね2件   返信0件
  Hide Sokkun
鈴木教本の経験者です。(フルートですけど)生徒のレベルや年齢によって、基礎練習的な別の教本を渡されました。小さな子供に最初から楽譜を読ませる先生もいらっしゃいますが、それは順番としては逆ではないのかな?とは思っています。子供が言葉を覚える順番(聞いて、話して、最後に読み書き)は、当然、鈴木先生は意識していたでしょう。
2022年11月24日 12:48   いいね2件   返信0件
  h uma
オリジナルを知らない恐怖って大いにわかります。
徳永英明のカバー曲しか知らずに原曲を演奏するようなものですよね。如何せん、彼はあらゆる曲を徳永カラーに染めてしまう凄い御方ですから。Jポップはともかく、クラシック音楽はそもそも作曲者の意図を汲み取ることが大原則ですから、音楽を学ぶ生徒にとって原曲を知らないのは恐ろしいことです。
2022年11月22日 03:30   いいね2件   返信0件
  華山阿部
鈴木鎮一先生が御存命の頃から習った世代ですが未だに楽譜読めないです。ただし2、3回曲を聴くとカラオケ歌えちゃう自分がいます。プロになるつもりが無い人には才能教育はある意味クラシック楽しめるね。「人は環境の子なり。」👍
2022年11月25日 16:59   いいね1件   返信0件
  もも
鈴木じゃなくて篠崎してたなー😂周りに篠崎の人全然いないけど、
2022年11月24日 05:34   いいね1件   返信0件
もっと見る